車ごとに違う

最近は余り見なくなりましたけど、車を改造する人もいます。車の改造は、保安基準内でなければ認められないということを理解しておく必要があります。

改造と言いましても、どのような改造がいいのかということは、内容によって、車ごとに違います。ですから、車の改造する前には事前に陸運支局、或いは自動車検査登録事務所の車両課にて、相談するのが良いでしょう。そのように相談して、良いという判断がくだされるならば、申請をするということができます。ではどのように申請をしたらよいのでしょうか。そのためにはまず、改造自動車等届け出書という書類、改造に関わる部分の強度計算書などの関連書類を提出しなければなりません。この強度計算書ですが、交換部品が保安基準に適合している車検対応部品であるならば、強度計算書はその部品についているはずです。もしついていないとしたならば、保安基準に適合していないのかもしれません。それで強度計算書がきちんとあるかどうか確認してみるようにいたしましょう。車買取 大東市